2018年7月31日火曜日

Microsoft クラウドサービスの複数アカウントを使い分ける


  Microsoft Azure や Office 365 を会社だけでなく個人でも契約して利用しています。
同じ会社の中でも、組織アカウントが Azure と Office 365 で異なることもあります。
  そうなると厄介なのか、Azure や Office 365の管理ポータルにアクセスする場合、毎回サインアウトを行なわないと、アカウントを切り替えられないことです。
  その対策として、Chrome の シークレットモードや Edge の InPrivate ブラウズを使っていたのですが、毎回ログインし直すのは面倒だなと思っていました。

  そこで簡単に複数アカウントを使い分ける方法が無いか探したところ、Chrome の場合、ユーザーデータフォルダの場所を変更することで対応できました。

やり方は、
(1) Chrome のショートカットを作成

(2) ショートカットのプロパティ

  • 全般タブ → 名前を変更
  • ショートカットタブ → リンク先に --user-data-dir 以降を追加

(例) "C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe" --user-data-dir="%UserProfile%\Documents\仕事用 Chrome Data"




(3)アイコンも変更してわかりやすくします。


これで、複数の仕事用・個人用のアカウントを切り替えることが出来るようになりました。
ショートカットをクリックすると。新しい Chrome 環境ができます。





2018年6月4日月曜日

smallpdf 無料でPDFの結合・削除・回転・パスワード設定


以前にも、Adobe PDF Pack の紹介で、月に数回、PDFの結合やページの削除・回転、パスワードの設定作業が必要になることをお話したが、これらの作業は、Acrobat Standard DC または Acrobat Pro でないとできなかった。

Just PDF のような安いソフトも存在するが、わざわざ購入してまで使うような頻度でもない。
そんなときに見つけたのが smallpdf  というサービスだ。

Adobe PDF Pack で出来なかった

  • ページの挿入、削除、並べ替え、回転、分割、抽出、置換を行う
  • PDFファイルを圧縮する
  • 他のユーザーがPDF内の情報をコピー・印刷・編集できないように保護する

という編集作業ができるようになるのです。
特別なソフトをインストールしなくてもよくすべてWebで作業できます。しかも無料で…
無料の場合、1時間に2回までという制約がありますが、僕にはそれで十分です。
6ドルまたは年額前払いで48ドル(月4ドル)払えば無制限になりますが、仕事で頻繁に使うようになってからでも遅くはありません。
だって二時間待てば使えるのですから。

使い方は簡単、 smallpdf (https://smallpdf.com/jp) のサイトにアクセスして、編集したい作業メニューを選び、PDFファイルをドラッグアンドドロップでアップロードし、実行後作成したPDFファイルをダウンロードすればよいだけである。
クラウドでこんなサービスが無料で使えるとは。便利な世の中です。





2018年5月1日火曜日

パスワードを定期的に変えるのは危険…総務省

 総務省が提供しているWebサイトで「国民のための情報セキュリティサイト」がある。
国民のための情報セキュリティサイト(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/index.html)

一般利用者から企業・組織に向けた対策まで幅広く情報セキュリティについて解説している。
セキュリティに関する基本的なノウハウを習得するのに最適なサイトだと思う。

この中で興味深い解説がありました。それはパスワード管理に関する内容です。

安全なパスワード管理(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/business/staff/01.html)

昔は、パスワードは定期的に変更することが進められていました。
しかしながら、2018年3月より総務省は「パスワードが破られたり流出しない限り変更は不要、むしろ定期的な変更は危険」とパスワード管理について方向転換しました。
これは2017年に米国国立標準技術研究所(NIST)が発表した最新のガイドラインに準じたものだそうです。
理由は「定期的にパスワードを変更することで管理しなければならないパスワードが増えすぎて、人に推測されやすいパスワードを設定するようになる」からだそうです。

この方針にはなるほどと思いました。
確かに僕も特定のワードに月や記号などをアレンジしたものの使い回しになっていたからです。
総務省の方針に従って今後のパスワード管理について見直す必要があるかもしれません。

その前に、利用するシステム側で難しい推測されにくいパスワードを使っていれば、パスワード変更を要求しないシステムに変わる必要がありますが。

2018年4月14日土曜日

メトポ


東京メトロから新しいポイントサービスが開始されました。
先日「PASMOでポイントをためる」という記事を書きましたが、これとは別のポイントサービスになります。

嬉しいことは、東京メトロの To Me Card に付属する、「メトロポイント」とは別のポイントが付与されるようです。
「メトロポイント」とは異なり、乗車ごとではなく乗車日に対するポイントですが、一日3ポイント、土日は4ポイント加算されるのでチリも積もればなんとやら。しかも10ポイントからPASMOにチャージできるようなので登録だけでもしておくのが良いかもしれません。

【東京メトロ】メトポ ( http://www.metpo.jp/ )


2018年3月17日土曜日

東京メトロの車内でWi-Fi


2017年10月に、「訪日外国人向け車両内無料 Wi-Fi サービスを拡大します! - 東京メトロ」 というニュースリリースが出ていましたが、僕が普段利用する東京メトロ東西線でも車内 Wi-Fi が利用できる車両が走り出しました。

21時ごろに利用しましたが、4M~20Mくらいの通信速度が出ているようなので、そこそこ使えるようです。
今後、認知が進むと通勤ラッシュ時は混雑するのではと思いますが、Wi-Fiが使えるのは嬉しいです。

東京メトロの Web サイトで利用登録又は、Japan Connected-free Wi-Fi アプリをインストールすることで日本人でも利用できます。

2018年3月14日水曜日

AIRSIM・世界データSIMカード

3月上旬にベトナムへ出張に行くことになり、現地での通信環境確保として Amazon から現地のSIMを調達しました。
昔は現地の空港等で調達していましたが、今では Amazon で事前に調達できるようになったのでかなり便利です。
利用は、最低限 家族と連絡がとれる LINE だけ使えれれば良いので、Vietnamobile の 3G SIMにしています。
端末は SIMロックフリーの iPhone でしたが、飛行機の中で SIM を入れ替えて、空港で電源 ON ですぐに繋がりました。


【Amazon】ベトナムSIM



今回のネタである「AIRSIM」は、Amazonn で SIM を探しているときに見つけました。
香港のMVNOキャリアが発行する「AIRSIM」で、日本の「SORACOM」や「エア・コミュニケーション」ではないので注意してください。

AIRSIM (https://www.airsim.com.hk/)
【Amazon】AIRSIM・世界データSIMカード


AIRSIM が現地 SIM と違うのは、全世界 96カ国(地域)で使えるSIMということとスマートフォン又はタブレット端末専用と言う事です。
機内の暇つぶしにiPadも持参するので、iPad様に AIRSIM も調達しました。

AIRSIMの 使い方は、少しだけ複雑です。
はじめに、専用のアプリをスマホにインストールします。
インストールしたら、SIMのICCID と パスコードを使ってアカウントを作成します。
次に TOPUP といって、チャージを行います。
この時点ではまだSIMは使えません。
次に、滞在国のプランを購入します。
今回は ベトナム US$2.57 を選びますが、これは最大期間を購入した時の値段なので注意が必要です。
利用期間を設定し、カートにセットし、購入すれば利用可能になります。



今回は iPad での利用でしたが、ベトナムの場合はAPNの設定が必用です(他の国では自動的にAPNは設定出来るようです)

現地SIM より若干高めな料金設定ですが、様々な国に渡航するときには一つもっておいて便利なSIMだと思います。


「AIRSIM」のポイントを以下にまとめたので海外に渡航する人は検討してみてはいかがでしょうか?
  • 96カ国(地域)で 3G 又は LTE が使えます。
  • 国際ローミングONにする必要がある。
  • 音声は使えません。
  • 日本でもSoftbank網で使えます。
  • SIMは最後に利用してから1年間有効期限が延長されます。
  • TopUP(茶事) ではSIMの有効期限は延長されません。
  • 1日の通信量制限(概ね500MByte)がある。
  • 現地で調達するSIMより若干高めの料金設定。



2018年3月3日土曜日

PASMOでポイントをためる

  普段はメトロで通勤しています、定期はPASMO ですが、ToMeカードでオートチャージ設定しているとともに、メトロポイントPlus で乗車ポイントも取得できるように設定しています。
  先日 ToKoPo を PASMO に紐付けたことで、都営地下鉄乗車時にもポイントが取得できるようになりました。
  この関係を整理したら、年会無料で PASMO にいろいろなポイントが貯まる設定になっていました。



  僕が使うメインのポイントは ANA マイレージですが、オートチャージを設定している メトロ ToMe カード UC の永久不滅ポイントは、少し還元率は悪いですが、ANAマイレージに移行できます。
  もっと上のグレードの ToMe カードにすれば乗車ポイントもたくさん付きますが、年会費の元が取れないので、無料のUCカードで十分です。
  ToMe カードと PASMO を紐付けしていても定期は ANAカードで購入できるので、ポイント還元率はそのままでお得です。

  こうして俯瞰すると、コツコツですけどオトクな気分です。