2017年6月25日日曜日

一般電話からSMS(ショートメッセージ)を送信


先日、家の冷蔵庫が壊れ、保証書を探していたら、懐かしいポケベルの取扱説明書がでてきました。
*2*2ではじまるポケベル打ちとかの説明がかかれていて懐かしいなと思い出してしまいました。
当然ながら、すでにドコモはポケベルのサービスを廃止しており、東京テレメッセージも業務向けのサービスのみ提供。今の時代、ポケベル打ちは出来ないと思っていたのでしたが、実はドコモがSMSの送信用のサービスで提供していました。

ショートメッセージサービス(SMS)を使う
https://www.nttdocomo.co.jp/service/sms/usage/

懐かしかったのでトライしてみました。
一般電話、他社の携帯電話・PHSなどから 090-310-1655 に電話をかけます。
ちなみに、携帯からだと「おかけになった電話番号は、この電話からはご利用になれません」とガイダンスが流れます。
ガイダンスに従って、宛先の携帯電話番号を入力
次に、ポケベル打ちの要領で、プッシュポタンでメッセージを入力します。
すると、SMSが相手先に届きます。

ちなみに、SMSの送信元は、発信した携帯電話の番号なので、受信側も安心ですね。

2017年6月18日日曜日

OCN モバイル ONE 500Kbps に戻した

6月から、メインで使っている、iPhone の SIM を OCN モバイル One 3GByte のプランから、500Kbps/15GByte のプランに変更しました。

昨年末に 3GByteのプランに変更し、普段は 200Kbps、動画再生する時だけ ターボONでり利用していましたが、radiko や podcast をストリーミング再生しながら、気になることを Web 検索する時に、200Kbps だとストリーミングが中断されるだけでなく、Web閲覧も遅くなるので、頻繁にターボON・OFFを切り替えるのが面倒だったからです。

半月、500Kbpsで使いましたが、ターボOFFでも、500Kbps/15GByteのプランにも、バースト転送はあるので 500Kbpsが遅いと感じることはありません。
速度も 500Kbps で安定している事から、動画サイトでも YouTube や amazon prime video や abemaTV で画質を気にしなければ再生できます。
6Gとか10Gとか20Gの大容量プランもありますが、必要なコンテンツは500Kbpsで十分であり、大容量プランだと料金に見合った使い方ができないのも、500Kbps/15GByteのプランに変更した大きな理由です。

2017年6月10日土曜日

東京メトロPASMO1日乗車券


昨日は、一日地下鉄で移動することがわかっていたので、東京メトロPASMO1日乗車券を購入してみた。
これまでは、東京メトロ24時間券を買っていたのだけど、改札を通過するたびに、いちいち乗車券を財布やカバンから取り出すのが面倒だったからだ。
大人600円/小児300円と24時間券と同じ値段、ピンク色の自販機で日付指定で購入できます。
購入してみた結果、想定通りいつものパスモで改札通過出来るのは便利だったが、現金でしか購入できないのが残念です。せめて、PASMOの残高から支払いできれば良いのですが。

東京メトロ・各種一日乗車券

2017年6月6日火曜日

BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプション (追加)


以前の投稿で、BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプション を紹介しましたが、2017年6月から、BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプションが、3GByteのプランから契約ができるようになりました。

BIGLOBE エンタメフリー・オプション

いまの、車載ネット環境は、IIJのSIMを使っていますが、データSIMだと、
3ギガプラン 900円 + エンタメフリー・オプション 980 = 1880円
で使えることになる。
使えるサービスが、
  • YouTube
  • Google Play Music
  • Apple Music
  • AbemaTV
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
だけで、車でFireTV を使っている事から、Amazon prime video が使えるのであれば、速攻乗り換えなんですが…
もう少し待つか…